もし給湯器の寿命が来たら|専門業者に交換してもらおう

家

給湯工事は業者に任せよう

住宅

工事業者に依頼する理由

給湯器は、ガス・電気などの会社、メーカー、販売と工事を兼ねている業者で買い替えることができます。ガス・電気会社やメーカーはネームバリューがありますから交換工事を依頼しやすいメリットがあります。しかし、販売はしますが工事交換は業者に委託されています。委託工事は費用が割高になりがちですし給湯器の選択肢が少なくなります。販売業者は販売、取り付け、交換、修理などをトータルで行っています。各メーカーの給湯器を取り扱っているため種類が豊富です。ガスから電気、灯油などを燃料にした給湯器に変更することもできます。また、業者が販売している給湯器はメーカーで購入するよりも割引された価格に設定されています。メーカー希望価格の半額以下で販売されているものもあり工事費用の負担を減らすことが可能です。割引されていても品質に変わりはありませんから費用を抑えたい方にはおすすめです。ガス給湯器を交換して設置するときは、排水管と給湯器を繋ぐ工事が必要です。この工事はきちんと作業を行わないとガス漏れの危険性があります。ガス給湯器を交換するときは、ガス機器設置スペシャリスト(GSS)や給水工事の資格をもつ業者から選ぶと安心です。また、ガス会社はガス配管工事の技術や知識がある業者に対して登録店としての認定しています。これらの資格や登録店の認定はガス給湯器交換に必要で、工事は誰が行っても良いわけではありません。交換工事は資格の有無や登録店の確認をしてから依頼するようにしましょう。